「あたりまえを超える」WED株式会社(本社:東京、Principal / CEO:山内奏人以下:WED)は、新たな金融体験を提供する「Q株式会社」(以下: Q)を、WED取締役Presidentである沖田貴史と共同で設立します。

WEDは、2016年5月の設立以降、あたりまえを超えるサービスを生み出し、2018年6月以降は、画像買取アプリ「ONE」を主力サービスとして提供して参りました。2019年秋以降、経営体制の強化を図り、社名をWEDと変更し、PREMYなどの新たなサービスを拡充して参りました。

この度、次世代金融会社としてQ株式会社を新設し、Fintech分野への再挑戦を行います。Qは、徹底した顧客志向のもと、underbanked層に対する金融サービスの提供を計画しております。将来的にフルバンキングサービスを目指しますが、当初は対象セグメントに向けて、魔法のような金融体験の提供を目指します。

新会社の代表取締役には、ベリトランス共同創業者として、日本と香港両方での上場企業経営者の経験を持つ沖田貴史が就任し、Qにも3分の1超の出資を行います。

underbanked層に対する金融サービスを通じて、日本におけるFinancial Inclusionの実現を、各種パートナーとともに推進して参ります。

新会社概要
新商号:Q株式会社
代表取締役:沖田貴史
設立年月日:2020年2月12日
資本金:5000万円


代表者の略歴
沖田貴史
1977年石川県生まれ。一橋大学商学部経営学科在学中に、米国CyberCash社の日本法人であるサイバーキャッシュ株式会社の立ち上げに参加。米国CyberCashの破綻後にベリトランス株式会社に社名変更し、2004年に株式上場。
2012年デジタルガレージ傘下のecontext ASIA社を共同創業し、翌2013年香港証券取引所に上場。
2016年に、SBI Ripple Asia株式会社代表取締役に就任し、ブロックチェーン技術の日本・アジアでの実用化に貢献。その間、米国Ripple社、インドネシアtokopedia社などのユニコーン企業の役員も歴任。主な公職に、金融審議会専門委員など。SBI大学院大学経営管理研究科教授に加え、一般社団法人Fintech協会アドバイザリーボードも務める。

本件に関するお問い合わせ先
WED株式会社
広報担当Email: pr@wed.company